サイトリニューアル記念。ダブルポイントキャンペーン実施中。4月30日迄

ニューバランスのアイテムについて丹羽選手にインタビュー



■生年月日/1986年1月16日 ■出身地/大阪府河内長野市

■身長・体重/180cm・76kg ■血液型/A型

■利き足/右 ■ニックネーム/ダイキ


プラクティスウェア選びのなかで
大事にしていること・重要なことはありますか?
まずは、着心地。あとはやっぱり昔のウェアは、ちょっと
大きめというか、ルーズなシルエットのものが多かった
けど、最近は結構細身なものが出てきていますよね。
自分自身は、ちょっとタイトめの方がプレーしやすいので、
それは結構意識して選ぶようにしています。
着心地・快適性についてはどうですか?
ジャストフィットです。
今日着たウェアも体にピタッとしているし、ピステトップに
関してもタイトめでバタつきがないですね。
例えば風が吹いたときにバタバタとなるやつってあるじゃ
ないですか。今日着たウェアは、そのバタつきがなくて
すごくいいなと思いました。
動きやすいし、プレーしやすいです。
どういう人にオススメしたいですか?

デザイン的にはサッカーが一番しっくりくるかもしれないけど、サッカーに限らず
ランニングでもいけると思うし、草野球とか単純に体をちょっと動かしたいという人にも
向いていると思います。

Jリーガーを目指して、
毎日練習に励む部活生へのメッセージ
自分のうまくいかないことや壁に当たった時に、それを
乗り超える力を学生の時につけておけば、社会人やプロ
になった時にその力が役立つときが来ます。

たぶん部活や高校生活ってすごく矛盾したこととか
嫌なことがあったり、先輩からこういうことされたとか
先生からこういうこと言われたとかってあると
思うんですけど、それを乗り越えれば、大人になった時に
その力っていうのは、すごく大きく発揮されると思います。

そういう一つ一つを頑張ってほしいなと思います。
学生時代に重点的にトレーニングしていたことや、
そのサイクルなどありますか?
中学校の時は、毎日自転車で練習場まで往復4時間、高校
の時は往復で4時間半かけて通ってました。
今の体力があるのはそのおかげかなと思います。

サッカーって、ボールを触っている時間は5分もないと思うん
ですよ。85分強はずっと走りっぱなしの競技だと思うので、
走れなければ意味がないですよね。
もちろんボール扱いというのも大事だけど、まず基礎体力を
つけておかないとサッカーはうまくならないと思います。

若い時こそ基礎体力をつけておくことがすごく大事だと
思います。
プロになろうと
思ったきっかけはありますか?

中学の時にガンバのジュニアユースに入ったら、身近に横でプロの人が練習していて、
それを見てガンバの選手になりたいと思いました。

ニューバランスのスパイクをシーズン通して使用してみて、
どういうところが良かったですか?
スパイクのことを意識せずにプレーできるというのが一番良かったです。
1年間履いていた感覚としては、グリップや、履き心地、クッション性、また、終わった後の疲労感は
どうかなどと、考えなくていいスパイクだと思います。
もっともっとよくなるというのも聞いているので、今後が楽しみですね。
ストレスフリーが究極の形だと思います。

スタイリッシュさと動きやすさの両立を実現。

タイトなシルエットで、デザイン性の高い洗練されたモデル。

ストレッチ素材を使用しているから、アクティブなシーンでも体にフィットし快適なトレーニングをサポートします。

異素材を組み合わせたクロスコーディネート

上下で異なる2種類のストレッチ素材を使用。体にフィットする、
デザイン性にもこだわったクロスコーディネートで、ひとつ上の
トレーニングを実現します。

吸水速乾で爽やかなトレーニングスタイル

吸水速乾性の高いメッシュ素材を使用したプラクティスシャツと、
パンツでスタイリング。アクティブなシーンでも体にフィットし、
快適なトレーニングをサポートします。

Football Apparel