5,400円(税込)以上の購入で「送料無料」>>詳しくはコチラ

ついにベールを脱ぐ『NB HANZO V2』。ランナーの1分1秒を縮めるために注がれた情熱とこだわりとは?

ニューバランスは2018年11月16日、パートナーシップ契約を結ぶ三村仁司主宰の「M.Lab(ミムラボ)」と共同開発した『NB HANZO V2』の記者発表会を行いました。
一般ランナー向けに発売される待望の新シューズは、どんな目的を達成するために、どのような点にこだわって生まれた靴なのか?その詳細がいま、明らかになります。

“忍者”が進化。
目標に向かって日々励むシリアスランナーのために

「2年前、日本のランナーのために作られたシューズが、このたび三村さんも加わることで『NB HANZO V2』として大きく生まれ変わりました」

ニューバランスジャパン マーケティング部 DTC&マーケティング ディレクター、鈴木健の挨拶からスタートした記者発表会。

プレスの方々の注目が集まる中、さっそくニューバランス専属アドバイザー、「M.Lab(ミムラボ)」代表取締役の三村仁司氏と、ニューバランスジャパン フットウエアプロダクト部、ランニングチームマネージャーの武田信夫が登壇し、開発コンセプトの話に移ります。

同シューズのコンセプトは「Silent Hunter」。日々トレーニングを積んだ人が最後に大物を狩り、勝利を遂げるというストーリーを込め、アメリカでは隼(はやぶさ)をモチーフにしています。

「この表現を日本に落とし込むと、何に該当するのか?物音ひとつ立てずに速く走り、しっかりと目的を達成して大仕事をなす…これは「忍者」ではないかと。そこで『HANZO』という商品名が決定しました。随所に忍者のロゴが入りつつ、忍者が疾走した後の残影や刀といった、エッジの効いたモチーフを組み込んでいます」(武田)

その速さはもちろん、鍛錬し、最後に結果を出すというストーリーを踏まえると、「レースに勝ちたい」「ライバルに勝ちたい」「自己記録を更新し続けたい」など、自ら目標を掲げて頑張っているランナーに届けたいとのこと。そんなランナーにとって、現代の名工と名高い三村氏のエッセンスが注入された『NB HANZO V2』は、待望のシューズといえるでしょう。

  • 左から武田信夫、三村仁司氏、神野大地氏、鈴木健

  • 忍者の残影や刀といった、エッジの効いたモチーフを組み込み、随所に忍者のロゴが入る

ビッグデータが生むフィット性と、
徹底してこだわった“ケガ、マメ、靴擦れしにくさ”

『NB HANZO V2』の大きな特徴は、まずラスト(木型)の設計です。ニューバランスでは『NB HANZO V1』開発時にも日本人のエリートランナーの足型を数多く調べ、設計を行いました。そこに今回、「M.Lab(ミムラボ)」に蓄積されたデータが加わることになります。

「1年間に7千足くらいつくりましたから、それで45年やから、掛け算してくれれば」(三村氏)

ニューバランスの専属アドバイザー、三村仁司氏

ビッグデータをもとに作られた、新たなラスト。そしてミッドソールにもこだわりが。

「『V1』では反発性に優れたラビッドリバウンドという素材と、軽量性に優れたレブライトの2層構造にしていましたが、さらなるバランスを考慮して、レブライトを改良した1層としました」(武田)
「多層構造だと糊の分だけ重さも増します。さらに1層のほうが反発力が出ると経験上、感じていましたから、クセのないシューズに改良できていると思いますね」(三村氏)

さらにもうひとつ、「ケガすることなくトレーニングを続けられる」「だからこそ良いトレーニングを長く続けて、強くなれる」という「M.Lab(ミムラボ)」のポリシーも注がれています。

「選手に練習してほしいという願望が強いんですよね。その足を守るのが靴。靴屋はですね、なによりフィッティング重視ですから。たとえばメッシュも少々硬かった。体重が乗ったら負荷は20%くらい増しますから、キックするときに擦れてマメや靴擦れができますからね」(三村氏)

この張りじゃない。もうちょっと軽くしてほしい。何度もサンプリングを重ねる中で、武田は「まさしくアスリートファーストのものづくりをしている」と実感し、自らも市民ランナーであることから「履くのがますます楽しみになった」と開発当時を振り返っていました。

『NB HANZO V2』のミッドソールやアウトソールなど、進化を遂げた部分については発表会の展示エリアでも紹介

プロランナーも驚いたフィット性。
叡智を注いだ開発が、いまここに実を結ぶ

ここで“履く側”としてのゲストが登場。ニューバランス契約アスリートにしてプロランナーの神野大地選手の登壇です。実際に『NB HANZO V2』を履いて走った神野氏は、その感想をこう語りました。

「一番すごいなと感じたのは、そのフィット性ですね。すごくしっくりきます。全体的にとても繊細に作られていて、開発に携わった人びとの想いが詰まっているシューズだなと実感しています」(神野氏)

神野大地氏

神野氏が三村氏に最初に出会ったのは大学2年の頃。箱根駅伝の最終合宿地、妙高高原で三村氏は、選手たちの足型をとりつつ「弱いところを強くせぇよ」「悪いところを治していけよ」とアドバイスしていたそうです。

「彼は真剣に聞いてましたね。真面目な選手ですよ」(三村氏)

そんな神野氏はかねてからシューズへの探求心も旺盛で、ニューバランスと契約を結ぶ前から「いま、いちばんフィットしているのが、「M.Lab(ミムラボ)」の別注シューズと、ニューバランスのシューズ」と語ったことがあります。その分、今回の『NB HANZO V2』のフィット感覚には感激したようです。

「ほんとうに楽しみなシューズ」(鈴木)
「ニューバランスの直営店などで、一人でも多くの方に履き心地を感じてもらいたい」(武田)
「たくさん履いてきたけど、すごく良いシューズ」(神野氏)
「ほぼ1年かかって、やっとできた。ホッとしてます。未来に挑戦したい気持ちも、やっと叶った」(三村氏)

それぞれの想いを語って、発表会は盛況のまま幕を閉じました。

もっと速く、もっと強く。目標に向かい、結果を求め続けるランナーのための『NB HANZO V2』。発売開始となる12月14日より、新たなランニングシューズの歴史が始まります。

左から鈴木健、三村仁司氏、神野大地氏

三村 仁司(みむら ひとし)
1948年兵庫県生まれ。学生時代に陸上選手として活躍後、1966年国内スポーツブランドに入社。シューズ製造に携わり、1974年からはアスリート向けの別注シューズ製造をスタートする。2009年より自身の工房「M.Lab(ミムラボ)」を立ち上げ、これまでに様々な分野のトップアスリートたちのシューズ・インソール開発に携わり彼らの大舞台でのチャレンジをサポートし続けてきた。2004年厚生労働省「現在の名工」表彰、2006年黄綬褒章を受章。2018年1月1日よりニューバランスと「M.Lab」がグローバル・パートナーシップを締結。専属アドバイザーに就任。
神野 大地(かみの だいち)
1993年9月13日生まれ。愛知県出身。中京大中京高校から青山学院大学に進み、箱根駅伝5区区間新記録をはじめ数々の駅伝で活躍。大学卒業後はコニカミノルタに進み活躍。2017年2月、香川丸亀国際ハーフマラソンで1時間01分04秒を記録。初マラソンとなった2017年12月の福岡国際マラソンでは2時間12分50秒、今年2月の東京マラソン2018では2時間10分18秒を記録。
http://kaminodaichi.com/

トップランナーの足を支え続ける
稀代のシューフィッター・三村仁司氏と、
ニューバランスの新たな挑戦

M.Lab(ミムラボ)訪問で見えた、
シューズづくりにかける想い